情報の紙保存と電子保存。入ってきた時から自分のクセを考える。

佐賀市在住の住空間アドバイザー(ライフオーガナイザー®)風空感かぜくうかん 飯田由美子いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。

ずっと苦手だった紙媒体を減らす事。ここ最近は上手くいっています♪ 私のインプット脳は左脳。苦手なモノの克服は、分析する事だと改めて感じています。

情報を、大きく紙情報と電子情報に分けるとします。どこかに出掛けて、興味のあるリーフレットがある場合。



 この時点で、自分のクセを分析します。私は、リーフレットは暫く部屋に置きがち。そして増えます。。

まず
①紙として持って帰る? 本当に欲しい情報かを考える。

②欲しいと確認したら、持って帰らず [エバーノート(佐賀のライフオーガナイザー®小森ひとみさんに教えて頂いた 優れたアプリです♪)のカメラに、重要と思える箇所だけ保存。



③紙も増えず、保存した情報が欲しい時に サッとスマホから呼び出せます♪

④もっと詳しく知りたい時だけ、ネットで調べる。

⑤見た情報⇒最低限の電子保存完了◎

今までは紙として長く持っていたモノが、持ち帰らない事で 保管する必要もなく処分の必要もありません。

紙で入ってきた場合もそうです。

初めから分けて保存したりしません。出来るだけ早い時期に 気になる部分だけパソコンに入力し、紙は処分します。紙として残したいモノと判断した時だけ、初めて分けて保存します。当然見直しは必要で、取って置いただけの紙は 処分となります。

ネットで気になる画像も、以前は一先ずスクリーンショットで保存したりしていました。それも増やしがちな私の癖。。そして結局見ない。

これも、今では その時点で必要か考えます。

電子情報は 簡単に手に入るので油断します。近日中に使わない情報は入れないようにする。インプットすると確証がある以外は保存しない!それは直ぐに過去の情報になるから。

電子情報の整理も、凄く手間が掛かるモノ。形あるモノの片付けと全く同じです。

管理できず、困るのは結局 自分です!

処理能力が 自分には無いと分析してるので、情報を見た瞬間からの判断に掛かっています。

処理の労力を減らすために。

まだまだですけど、これからも上手く情報と付き合おうと思っています♪

去年は、長崎波佐見の陶器市。今年は佐賀有田の陶器市に♪


素敵な器と 素敵なご夫婦のお店見つけました☆

最後まで読んでいただきありがとうございます。