非常時のポリ袋調理法:長崎県大村市にて

昨日は、長崎県大村市の暮らしコーディネーター木下明美さんのご自宅に呼んで頂き ‘防災意識’と‘非常用ポリ袋調理法’を実践してお伝えしました♪

佐賀県で
ひとりひとりに合った 長続きできる整理収納アドバイスをしている 住空間アドバイザー(ライフオーガナイザー®)「風空感かぜくうかん」飯田由美子いいだゆみこです。
ご訪問ありがとうございます。

レシピは「パッククッキング倶楽部」のものを参考にさせて頂きました。ありがとうございます m(__)m

それに加え *鶏のスペアリブをお醤油・お酒・砂糖で目分量で味付けしてもらったり *ヤングコーンを蒸したりしました。 *インスタント焼きそば等も。

ご家庭で日頃お作りになっているレシピ をいろいろアレンジ出来ますね◎ 私が知らない間に、ポトフが3種の味付けになっていました ^^

実習の写真は、木下さんと 親・子の片づけマスターインストラクターの金原直美さんの提供によるものです。ありがとうございます♪♪


お隣の木下さんが 綺麗~に盛り付けされていましたのでパチリ☆

家族一人一人に合わせられるのも嬉しいですね。

受講者様は5名でした。お二人が広めたい!っとおっしゃっていました。

広まる事が大事です。災害時は 瞬時の判断で命を守る事が最優先ですが、生き延びれたら 次は体と精神力を保つ事が大事です。

家の中の壊れたモノを、ふうふう言いながら片付けるだけでも気持ちがヘトヘトになります。。支援だけに頼らず、減災対策をし 電気がなくても温かいモノを皆で食べれたら、気持ちに余裕も持てそうですね。

今回は、デザート付きでした。受講者様の廣田恵理香さんの手作りです♪ 美味しすぎます◎ 

私は、防災に関して専門家ではありません。「防災アドバイザー」で検索されて いろんな情報を得られる事をお奨め致します。

机に向かって勉強するのもいいけれど、たくさんの方にお会いする事は人生の潤いとなります。先日行った福岡県久留米市 宮の陣クリーンセンターでの環境啓発講演会の 稲垣えみ子さんの講演会のアウトプットは今度また ^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。