誰かに背中を押してもらいたい

今年も終盤になろうとしていますね。カレンダーを買いました。

セリアのものです。
私のモノ選びの基準はシンプルですが、どこかしらに華を添えたいと思う時もあります。

頑張らないでいいラクに整う住空間のアドバイスをしている佐賀市在住の飯田由美子いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。

実は 頂くカレンダーを提げる事はあまり無く、来る前にお断りをしています。使わないものは 出来るだけ入り口を絶つようにすれば、 保管の手間も 処分する罪悪感も生まれません。

そういう事も含め、月に1度 整理収納研究クラブで いろんなシェアをしています。 片付けだけでなく、暮らしの悩みから知りたい事を教わったり 伝えたり、少しでもクラブに参加する事で 生活を向上させるヒントになれば嬉しく思います。

クラブや片付け作業で感じるのは、「自分が 決断して片付けるのは勇気がいるけど、誰かが背中を押してくれたら すんなり行動できる」方が多数だという事。

先月は、クラブ員の方の 外にある小屋の収納を使いやすくする案をシェアする内容でした♪

取っているモノを、家族に「要らないんじゃない?」とも言われる事もあるそうです。

自分では判断が鈍っても、他者は一歩引くから よ~く見えるんですね。他の方の提案を試みると言われてました♪

昨日のクラブでは、会員で‘コンテンポラリー風水’のプロの方のお役立ちシェア。1度お聞きしていましたが、何度聞いても楽しく実践しようと思えます◎

一ヶ月後は、それぞれの目標の進捗状況の報告でしょうか? 背中を押され 宣言しているので、私も目標日に向かいたいところです。

私は、2015年に作ったパタパタ扉の靴箱と結婚した時の靴箱の不似合いが気になっていました。

この2つに統一感を持たせる 目標を立てました。

↓ 左壁

↓ 右壁

壁から壁に棚板を伸ばし 靴をずらりと並べたいと少し前から思っていたので、問題点を どう克服しようか迷走中です。

長く伸びるパタパタ扉では重いのでプラダンにしようか? ロールスクリーンでは不自由だな とか他にもいろいろ。

靴箱のDIYについては、3年前の ブログを始めたばかりの2回目の記事に書いています。絵文字を使ったりしていて、とても懐かしいです。
https://ameblo.jp/yio318/day-20150504.html

改善するからには、玄関の扉を開けて やってよかったぁ♪と思えるようにしたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。