何度も落とし込みたい防災:佐賀市エコプラザ 防災講座にて

私は「防災」と聞いたら 耳がピンとします。それは、何度も何度も落とし込まないと忘れるからです。。

佐賀県で
ひとりひとりに合った 長続きできる整理収納を提案している
住空間アドバイザー(ライフオーガナイザー®) 「風空感かぜくうかん」飯田由美子いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。

 

3月11日(日)に
佐賀市エコプラザ主催である 防災講座の講師として呼んでいただきました。1部では「公助に頼らない防災意識」とし、
を考える座学。2部では 防災クッキング(ポリ袋調理法)をお伝えしました。

私は 片づけのプロですが、防災アドバイザーでもなく 被災もしていません。
ですから 今回の講座で私が防災をお伝えするのは おこがましいのでは?と躊躇もしました。ですが パッククッキングについては、ワークショップにご参加下さった皆様が 直ぐに実践されたという話をよく聞くんです。

今回の 佐賀市エコプラザ様の取り組みに参加できた事は、私にとっても凄く有り難い事でした。

当日は
佐賀新聞社、西日本新聞社、読売新聞社の記者の方達が 取材におみえになっており、どの新聞にも 写真と講座の内容・ご参加の方の楽しそうな写真等を詳しく載せて下さっていました。 そしてライフオーガナイザー®の私の事も ご紹介いただいてました。
本当に、ありがとうございました。

 

 

 

常に意識し、災害に強くなる

私の周りの 大きな地震を経験してない友人達は、のほほんとしている気がします。もちろん私もそうでした。

ですが、経験し 怖い思いをした方でさえ、月日が絶ち日常生活が変わらずおくれるようになると 記憶が薄れていくようです。被災した方がおっしゃっていました。阪神・淡路を体験された方です。

毎日 危機感を持って生活するのはキツいけれど
今回の講座で「いつ 来るかもしれない。」という意識を皆様が持って下さるとよいと思っています。でないと命を落としかねないからです。。
「まさか!」はあるんです。

実際に、佐賀平野北縁断層帯は 国の指定調査対象になっています。
佐賀の自然災害は、台風だけではないと意識したいです。他にも、自分の住んでいる地域で 過去に起こった災害は調べれば分かりますね。

 

 

 

災害は他人事ではない

昨日、佐賀市のショッピングモール「ゆめタウン」へ東日本大震災のパネル展を見に行きました。

「津波の速度は早く、走っても逃げられない。一刻も早く高台へ!」が印象的でした。。
今日までです。
一人でも多くの方が足を運び、自分にリンクして考えてほしいです。

 

 

 

災害対策も 災害の周知も、一人から始まり広がっていく

毎回学びなのですが、エコプラザのスタッフの方達の 完璧な準備に感心しきりでした。

災害対策も自助から始まり、他の方を助ける余裕ができて初めて 共助といくのが理想だと思います。自分の身を守れない人は、他の誰1人守れません。

 

火を扱うので、あらゆる事を想定し考慮した準備。皆様 本当にお疲れ様でした!

写真は
佐賀県唐津市 整理収納アドバイザー・整理収納教育士である山崎千寿さんhttps://ameblo.jp/kouchichizu/ と 
風水アドバイザー 片倉洋子さんhttps://www.facebook.com/yoko.katakura.7  が たくさん撮ってくださっていました♪

いつもありがとうございます ^^
千寿さんは講座前に、フェイスブックでシェアまで♪♪

周りの皆様にいつも支えられています☆ 

 

他のセミナーもご案内中です。
3月↓↓
http://kazekukan.com/2018/02/02/3%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%89%87%e3%81%a5%e3%81%91%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ae-%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/

4月↓↓
http://kazekukan.com/2018/03/12/%ef%bc%94%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%89%87%e3%81%a5%e3%81%91%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。