読売新聞にライフオーガナイザー®として掲載していただきました:子どもの片づけ習慣化

佐賀県で
長続きできる片づけを提案している 住空間アドバイザー(ライフオーガナイザー®)「風空感かぜくうかん飯田由美子いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。

 

7月2日の読売新聞「ほっとライフ」のコーナーに、子どもの片づけでお伝えしたい事を掲載していただきました。

 

 

片づくという事

一昨年 私は、小学校家庭科のミシン実習のお手伝いに参加しました。
その時の子ども達は 授業が終わるともれなく ^^ 、迷わず、定位置にあらゆるモノを仕舞っていくんです。

ミシンは、置く角度まで決まっていました。そうしないと並ばない。。
「片づけるとは、これだ!」と思える体験でした。そうであるなら、悩めるママ達は 幼稚園や学校の仕組みを自宅に応用する事で、解決が早くなりますね♪

 

 

子どもは大人が思うようには動かない。。

子どもは、親の所有物ではありません。意志があります!
片づけ1つを取ってみても、個性を無視しては 改善どころか お互いにストレスが溜まるだけ。。待つ事は、結局早道となります。

片づく提案をし、様子を見、手助けが欲しそうな時だけサッと動けるよう 大人もココロを整えておきましょう♪

時間は掛かっても、親が意識している事は 必ず子供に伝わります! 私の子どもがそうであったように。

 

 

「片づける」と「放り込む」の微妙な違い

子どもは「片づけなさい」だけでは、意味が分かりません。

・何を?
・どこへ?
・どんな風に?
まで、提案しましょう。片づけるとは、放り込み 視界から無くなる事ではないと教えてあげて下さい。片づくとは、元の場所に戻す事ですから♪

収納スペースが足りなくて上手くいかない場合は、どこかしら新しくスペースを与える事が大切です。モノと収納のバランスです。

記者の植田優美さんは、私の拙い話をとても上手く纏めて下さっていて 嬉しい記事になっています。本当に ありがとうございました! とても感謝しています

片づけに悩む大人の方の意識を変える参考になれば 凄く嬉しいです。
読売新聞社様。植田様。本当に、ありがとうございました。

そして、最後まで読んでいただき ありがとうございます。