自分軸で動く。心地よい気候は 片づけの味方。:鹿島市生涯学習センター エイブルにて

ここ最近は 過ごしやすい気候になりましたね。ですが 春も秋も短いです。暑い夏「涼しくなってから片づける~」と言ってた方。時期を逃すと寒くなりますょ ^^
一気に進めたいですね。「暖かくなってから片づける~」と言わなくていいように♪


4日は、鹿島市生涯学習センターエイブルで 2回目の「キッチンセミナー」に呼んでいただきました。ありがとうございます!


~風が抜ける住まいを提案~ 
 悩めるあなたと一緒に片づけ

佐賀県佐賀市在住の すっきり空間アドバイザー・ライフオーガナイザー® 飯田由美子いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。
実績紹介はこちら

 

 

その道具は、誰が使いますか?

調理台や床に 必要以上にモノがあるお宅は必ずといっていいほどあります! 家族の誰1人として使っていないものが。。

 

「収納」とは 使わないモノを押し入れる場所ではなく、使うモノをスタンバイさせる場所です。この理屈が分かっていないと生活スペースは狭くなるばかりです。
気候のいい時に 片づけをササッと済ませる事ができたら、冬は本当に気持ちよく過ごせるでしょう。ただでさえ冬は場所を取るモノが多いですからね。

 

 

どこの家庭にも必ずある 燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ごみ

最近のモデルルームは 収納の中に調理道具があり、イメージがとても湧きやすいですね。だからといって実際暮らすとなると毎日、キッチンからだけでも 数種類のゴミが出ます。

引っ越し前に ゴミ入れの大きさ・置く場所を決めていたら安心です。
片づくルールはたくさんありますょ。
・ゴミ箱を減らす。

・資源ゴミは、真っ直ぐ納戸へ。
必要以上に収納を増やさないということです。

収納に入りきらない時は、本当に残したいモノだけに絞りましょう♪

 

 

モノに合わせる? 収納に合わせる?

キッチンの収納といえば
少し前に、家族のランチジャーのバッグを変えました。今までは 吊り戸棚の最下段の隅に置いていたのですが、、今度のバッグは 上の棚板に当たり入りません。。

ここで考えるのは 収納場所の変更。
うーん。ですが、ここは動線と頻度からみても、ベストな指定席です。

棚板の位置を変えることにしました!
上の段は窮屈な高さになりましたが 良いのです。今回のゴールは「毎日使うランチジャーを 家族も私も使いやすく♪」ですから ^^


気づく→動く→満足する
→また気づく^^→動く
動かないと、始まりません。見えません。その繰り返しが最適な暮らしを作ります。
寒くなる前に動きましょう(今朝はちょっと寒い)。

 

 

人の意見を借りる。人の手を借りる

14日は、KSJ(暮らしスッキリ女子部)で片づけ作業をしました。部員の自宅を、意見を出し合いながら皆で作業するというもの。人の考えを聞くということは、とても勉強になります。一度呑み込んで(ココが大切)、後は 本人の頭の中で整理し 自分の意思で動く。
今回は特に
参加した部員皆さんの片づけ意識の向上になったようです。

 

 

 

やっぱり広い空間が好き

片づけ作業は10:30~12:00まで!終わる時間を決める。これ重要。
サクサク?と動いたあとは、みやき町の「和タリアン ピース」でランチ。

私が子供の頃過ごした実家を思い出す 素敵な古民家レストラン。トイレの位置、建具のガラスなど昭和そのままでした♪

 

 

20日(土)は、またエイブルの「クローゼットセミナー」に行きます。
クローゼットのスライドは、今回 大幅に作り直しました。私の思考は絶えず変化しているのですから(良い変化かは??) 、それに合わせ スライドも変化し続けます。

 

ご案内中です♪
10・11月のお片づけセミナーのご案内

最後まで読んでいただきありがとうございます