行動したことは、必ず役に立つのです。:佐賀県JA会館にて

16日は
佐賀県JA生活指導員研修会に呼んでいただきました。

防災学習会の講師としてです。大変お世話になりました。

~風が抜ける住まいを提案~ 
すっきり空間を推奨している「風空感 かぜくうかん」飯田由美子 いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。
佐賀でお部屋の片付け作業や 片付けセミナーをしています。

片づけ作業実績
片づけセミナー実績

 

ポリ袋調理法 デモンストレーション

ご参加は 50名様でした。

 

当初
担当のKさんに今回のご依頼の内容をお聞きした時、正直なところ 一瞬戸惑いました。というのは

①2019年度からは ポリ袋調理法の講座はお受けしないと決めていたこと。
➁デモストとなると1メニュー1皿しか作らないこと。
があったからです。

①の理由の1つは、ご参加の皆様の食材全部を我が家の冷蔵庫に入れるのが容易でなかったことが挙げられます。
➁は、万が一失敗したら皆様の口に入らないという理由です。

打ち合わせの際
食材の準備は先方でしていただけるということでしたので今回の運びとなりましたが、万が一の失敗がないことを祈るだけでした ^^; 

 

お湯ポチャレシピとは?

今回の講座は
JAの冊子「家の光」に沿ってというご希望でした (勝手が違うのも楽しみます♪)
タイトルは既に、お湯ポチャレシピ実演となっていたんです ^^


調べてみますと
お湯ポチャレシピというネーミングは、防災士で管理栄養士の今泉マユ子さんが考案されたものです。今回はその中から1品だけ作らせていただきました。とても美味しく皆様にも好評でした。ありがとうございます。

 

 

命にかかわる排泄

「住まう備蓄」に関しては
いつも座学に入れていますが、今回は特にトイレ問題を掘り下げてみました。

8月末の豪雨時、私は実際に簡易トイレを使う状況になったからです。

お腹が空いてもなんとか寝れると思うのですが、私はトイレを我慢してはとても寝れません。
最悪の場合、庭に用を足すといっても長引くといろんな支障が出るはずです。是非ともトイレ問題には敏感になっていただきたいです。

 

講座自体は
私はデモストは初めてだったので、時間が押すことが無いよう準備をいつも以上にしました。ですが心配は無用でした。スタッフの方々のご協力のお陰でとんとん拍子に実演は進み、却って時間が余ってしまいました。
ご質問に答えているうちにちょうどよい時間となりましたが、大いに反省すべき点です。

他には
食に興味のある方、避難に興味のある方、片付ける^^ ことに興味のある方 いろいろだと感じ、大変勉強になりました◎

 

講座終了後、数人の方ともお話をしました。
「以前私の地域は竜巻の被害があったんですょ。そうなると備蓄は全部無駄になりますよね。」と言われました。

同じ佐賀市内のことですから、竜巻被害は私も目に焼き付いています。たくさんの屋根のブルーシートを見ながら何とも言えない気持ちになったものです。
私は「そうですね。無駄になりますね。」と答えましたが、行動したことは決して無駄にならないと思っています。準備したことにより応用力が付いているからです。
今の私の備蓄も、災害によっては無駄になることがあるかもしれません。ただ いろいろ考えることにより応用力や想定力が増しているという確信はあるんです。
無駄になったことも伝えていくと思えば、これからも益々勉強したいと思えます♪

 

そういえば、佐賀新聞に この講座の様子が掲載されていました。
佐賀新聞社様 ありがとうございました。

 

他の自主セミナーもご案内中です。
■10/20 防災セミナー@九州電力㈱佐賀営業所
■11/ 9 お片づけセミナー@九州電力㈱佐賀営業所
■11/12 お片づけセミナー@福岡県大川市
■12/16 お片づけセミナー@九州電力㈱佐賀営業所

 
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。