片づけは得意ですか?
~ がんばらないで スッキリ片づく毎日 ~
新着情報

積み重ねキューブボックスの危険から子どもを守るためには?:佐賀市片付けサポート

我が家の収納を改めて見直すと、耐震対策がまだ不充分だなぁと思う箇所があります。風通しが良いだけではいけないと感じます。

~風が抜ける住まいを提案~
スッキリした住空間を推奨している ライフオーガナイザー® 飯田由美子いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。
佐賀県で、お部屋の片づけ作業や 片づけセミナーをしています。

片づけ作業実績
片づけセミナー実績

 

12月26日に、幼稚園のお子さんの お部屋の片づけサポートをさせていただきました。

優先するのは 危険でないかどうか。キューブボックスは安全?

拝見したお部屋は、まるでお姫様を思わせる 白を基調とした明るいお部屋でした。

そこで 気になった箇所が1点ありました。
それは、、


(お客様のプライバシーのため、画像は加工しています)

4段に積まれたキューブボックスです。積み重ね自在で、本・おもちゃなどが収納されていました。


キューブボックスについて、私は
ライフスタイルの変化に合わせられる とても便利な収納用品だと思います。


お客様のお宅でのキューブボックスの問題点は、高さでした。

お子さんが お一人でこちらのお部屋に寝てらっしゃるようではありませんが、成長するにつれて一人で過ごされる時間が長くなると思います。

万が一 大きな地震でも来たら倒れて危ないですし、倒れなくてもボックスの高い位置に乗っているモノが飛んでくるかもしれません。


私は「キューブボックス全体の 上部の2段は外し、外したボックスは
クローゼットの下に収める。」というご提案をしました。
お客様は快諾してくださり、一緒にクローゼットの床にボックスを移動しました♪


キューブボックスをやむを得ず高くする場合、背面の壁に固定するという方法を取ると 危険は少ないかもしれません。
そうしたほうが大切なお子さんのために安心ですね♪

ボックスを分割したら、あとは収納です。

 

自我が芽生えた子どもの判断を尊重する

収納といっても、今まで持っていたモノをそのままキューブボックスに納めるわけではありません。家具を動かすことは、片づけのチャンスです♪


お客様には
「お子さんの在宅時に、価値観を尊重しながら 収納することをおススメします ^^ 」とお伝えしていました。

個室ですから お子さんに任せるのが理想ですが、だからといって小さなお子さん一人に片づさせるのは難しいです。
お客様と3人でボックスに入っている可愛いモノ達を片づけました♪


低くしたキューブボックスの上には
お持ちの真っ赤なプラスチックかご3個を並べました。出し入れするにはちょうどよい高さになっただけでなく、ドアを開けた瞬間 がピリリと効いて可愛いです☆


↓↓ 再度 beforeです。


↓↓ afterです。


(お客様のプライバシーのため、画像は加工しています)

この部屋の全ての家具が、窓枠の下の高さに収まりました。

 

残す残さないの判断は、大人でも難しい

家具を配置してから大変なのは、幼稚園のお子さんです。

この日 お客様とのお約束は90分でしたが、どんなに小さなモノでもご本人に、残すか 残さないか の確認をします。
5×5㎜くらいのちっちゃな紙もたくさん出てきました ^^

 

片づけの中盤で、、
お子さんの「要らな~い。」という声に、お客様が「これは、もうしばらく残しておいてょ~。」なんて言われる会話もありました。
大切な方からの頂きものなんでしょうか ^^ どこのお宅にもある光景ですね。


後半では、お子さんは棒状の浮き輪を持って
を指したら要らな~い。を指したら要る~。」など 自身の気持ちが続くようにされ、小さいながらも偉いなぁと思いました♪

 

残す、残さない、の分ける作業は 大人でも集中力が欠ける場合がありますが 最後まで持ち物と向き合ってくださいました。
ありがとうございました

↓↓ 残された小さなモノは、プラスチック袋にいれ、ボックスの中にザックリと。


↓↓ クローゼットに移動したキューブボックスの上部には、ぬいぐるみを集めました。

 

片づけ力を身に付けるメリットは、なんといっても 自分自身がいろんな面でラクになることです。それは 身に付いた時 初めて実感できます。

私は、皆様にそうなってほしいと思っています。お世話になり ありがとうございました♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

ご案内中です ^^
➥2月のお片づけセミナーのご案内:佐賀市

~~~~~~~~~~~~
❍お片づけサポートは3プランをご用意しております。
 ➥風空感の片付け:3つのプラン♪
❍風空感Instagramは こちら
 ➥Instagram 風空感
❍風空感YouTubeは こちら
 ➥YouTube 風空感

お問い合わせ・片づけサポートのお申込みは、公式ライン
↓↓

または、お問い合わせフォームから お願い致します