情報の共有は減災に繋がる:佐賀市で防災セミナー

22日は、地元佐賀市東与賀町で「食糧&備蓄&耐震対策」の防災セミナーを開催しました。
夜からの暴風が予想された日です。

去年も、9月のご依頼の講座の時
台風の影響があり 1/3の方が当日キャンセルされました。今回は 4名様のお申込み。前日に「無理をされませんように。」とご連絡をしましたが、ぎりぎりまで皆様は考えてくださったようで 当日は 2名の方が雨の中参加してくださいました。本当にありがとうございました。

~風が抜ける住まいを提案~ 
すっきり空間を推奨している「風空感 かぜくうかん」飯田由美子 いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。
佐賀でお部屋の片付け作業や 片付けセミナーをしています。

片づけ作業実績
片づけセミナー実績

 

会場に着くと、入り口に案内が。

初めての会場は楽しいです♪

 

内容は、臨機応変に増えたり変えたり

講座の内容は、回を重ねるほど深くなっていると自分では思っています。

実際のところ、持っている情報を全て出せる時間はないのですが
暮らしの中では いろんな情報が入ってきますし、また自分でも調べたくなります。そして、実際にお会いした防災の専門家の方々のお話が耳に残っているからだと思います。

 

聞くことで常識が変わる

私の備蓄法が全て正解というわけではありません。あくまでも参考ということでご覧いただけたらと思います。
ただ、なぜ 私はコレなのか?というご説明をしています。
私は 自分の価値観でいろんなモノを備蓄しているからです。家・車・日常のバッグにおいても防災を意識しています♪

そして
私は出来るだけ ゴミがかさばらないような備蓄を心掛けています。それは災害ゴミの山を見るたびに肩が落ちてしまうからです。。
報道はされていませんが、避難所のゴミの量までつい考えてしまいます。

 

受講くださったお1人は、公助の立場から防災を考えていらっしゃいました。今回は この「ゴミの量を抑えること」に関心を持たれ、仕事に活かすヒントになられたようです。
私自身も 情報を共有することでとても勉強になり、ますます防災に力を入れたくなりました!

 

紙で見るより実物

自主セミナーでも ご依頼のセミナーでも
私のリュック(非常時携行品) と食糧備蓄の一部を持参しています。

見て触ることで
「私だったらこうしよう。」と応用できるからです。


女性は男性に比べて困るものが確実に多いです。トイレにしても、着替えなどのプライバシーにしても。。
一個人が困ることを公助で全て提供できるはずはないのですから、公助に頼らない自助の防災をもっと真剣に そして楽しんで考える方が増えてほしいです。

今回
地元で開催できたこと。そしてお申込みをしてくださる方がいらっしゃったこと。我が家の台風対策を気にしながらも 本当に嬉しい一日となりました♪

 

他の自主セミナーもご案内中です ^^
■10/20 防災セミナー@九州電力㈱佐賀営業所
■11/ 9 お片づけセミナー@九州電力㈱佐賀営業所
■11/12 お片づけセミナー@福岡県大川市
■12/16 お片づけセミナー@九州電力㈱佐賀営業所

 
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。