見て 聞いて 触って深まる防災:有田町女性講座

18日は、佐賀県有田町に生涯学習女性講座の講師として呼んでいただきました。
内容は 防災備蓄です。

 

~風が抜ける住まいを提案~ 
「風空感 かぜくうかん」飯田由美子 いいだゆみこです。ご訪問ありがとうございます。佐賀県でお部屋の片付け作業や 片付けセミナーをしています。

片づけ作業実績
片づけセミナー実績

 

自分の困った!を形に

私は昨年8月の豪雨で初めて、トイレが使えなくなりました。水位が上がり座れない状態になったのです。
普段から 備蓄に関しては「食事よりもトイレが困る!」と思っていましたが、実際にそうなると気持ちが暗くなるものです。非常用トイレを何種か準備しているにもかかわらずです。

長期化するとなると、衛生的かつ 腰に優しく排泄できる道具があると有難いですね♪
はい。作りました。段ボールトイレを ^^

改善点はあるものの自画自賛しております。
何ごとも 見て聞いて触って(座って) みないと分かりません。今回は受講者の皆様方に、強引に?「座ってみてください。〇〇があるのと無いのも比べてくださいね♪」とたくさんの方にお声を掛けました。

トイレは無いと本当に困るからです。我慢しては命に関わります。

 

 

想定力と応用力

人は命が助かった時 ただそのことだけに感謝します。
次に、不自由な日が続くと助かった感謝は忘れて不満が生まれます。その生まれるであろう不満を想定し、こうありたいと思うことに焦点を絞り備蓄をするというわけです。
「温かいものが食べたい。」
「清潔でいたい。」
「柔らかい布団で寝たい。」
など、キリがないですね。

 

 

一人ひとりの困りごとを行政が用意できるわけがない

食べ物に関しても
「もっと美味しいものを食べさせてください。」なんて言えません。

私の備蓄は、私と私の家族に合わせています。正解ではありませんがどのようにでも応用できると思っています。有田の皆様がイキイキとご質問して下さる姿を拝見していますし、これからの皆様の応用力に期待しています♪

たくさんの写真をありがとうございました m(__)m

 

有田町は
11月の子どもの片づけ講座 (こちら⇒
片づけで 子供に身に付く〇〇力と〇〇力:有田町)
続き2回呼んでいただきました。その日講座後、前から食べたかった有田焼五膳を「亀井鮨」でいただき、、


今回は、講座前に「ギャラリー有田」で有田焼五膳をいただき ^^ 幸せな気持ちで講座に向かうことが出来ました。

 

我が家から近くはないのですが、有田の町がとても身近に感じるようになりました。お呼びいただき本当にありがとうございました☆

最後まで読んでいただきありがとうございます。

~~~~~~~~~~

■facebookでは毎日、我が家の仕組みを更新しています♪
↓↓ コチラからご覧になれます ^^   
facebook いいだゆみこ

~~~~~~~~~~

 

お片づけサポートは、3プランをご準備しております♪
風空感の片付け:3つのプラン♪

~~~~~~~~~~

お問い合わせ・お申込みは
公式ライン またはメールフォームからお願い致します♪

こちらにチェック⇒⇒⇒


お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか?よろしければチェックいただき、送信ボタンをクリックしてください。